りんごの皮をむいておいておくと、茶色っぽく色が変わります。


これは、りんごの中身が空気中の酸素にふれるためです。
これを酸化(さんか)といいます。

色が変わるだけではなく、やわらかくなったり、甘みがなくなるなど味も少し変わってしまいます。

このようなりんごの変化を避けるためには食塩水が活躍します。
塩は、この酸化現象を抑える力があるためです。
りんごを切って残しておく場合は、塩水につけておくといいでしょう。