★実験のやり方

顕微鏡とは小さなものが大きく見える装置のことです。
あなたが見たいものの上にビー玉を1つのせてみると、下にあるものが大きく見えます。

また、この方法はレンズなど球体のもなら何でも応用できます。

↑ガラスケースを使った例です。


★なんでこうなるの?

これはビー玉が凸(とつ)レンズの働きをしているためです。
ビー玉顕微鏡の上から、さらに虫めがねで見てみると、もっと大きくものが見えます。